あなたも始められるサイドビジネス

せどりという副業で稼ぐ

「せどり」が副業として関心が集まるようになってきたのは最近のことです。

 

ところで「せどり」とはどんな意味かというと「「競取り」と書いて「中間に立って品物の取次ぎをして手数料を取ること」という説と、「本の背を見て選び取っていく」から「背取り」という説とふたつの説があるようです。

 

実際の仕事内容は、CD、DVD、中古の本などを「安く買い取って、利益を上乗せして売る」となります。

 

さらに具体的な言い方をすると、「ブックオフで安く買って、Amazonで高く売る」といったやり方です。

 

このせどりを副業で行って、相当な額を稼いでいるサラリーマンや主婦は少なくないでしょう。

 

専門的に副業としてするのであれば「古物商の資格」は、公式的に買取ができたり、業者買いができたり、古書籍商組合に加入できるので安い仕入れも可能となるなどの利点がありますので、せどりをやっている人のほとんどの人が取っておくべきと勧められます。

 

資格を取る方法は営業所(自宅でOKです。)の所在地を管轄する警察署の防犯係です。

 

どうして防犯係かというと古物商の資格が「盗品の売買を防ぐための許可証」だからだそうです。

 

ただし、許可証を取得するためには19,000円と2000円前後の手数料が必要です。

 

販売できそうな本を探して(仕入れて)、包装して、配送するのが実際の作業となり、初めのうちは包装などに時間を取られたり、仕入れた本の保管場所に苦労することもあるでしょうが、売上が上がり楽しくなってくると、自分らしいやりかたを工夫したりして副業として成功させていくのでしょう。

 

せどりを好きで行っている多くの人が「ネットオークションや古本屋で宝探しする感覚が何とも言えない」と言うそうです。

せどりという副業で稼ぐ関連エントリー


あなたも始められるサイドビジネス

Copyright (C) 2010 副業で今より収入を増やす方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

せどりという副業で稼ぐ