あなたも始められるサイドビジネス

副業と確定申告

以前と違って現在は会社も社員の副業を容認するところが徐々に増えているそうです。

 

とは言っても、「会社には知られたくない」というサラリーマンの胸中は当然であると言えます。

 

上司に「サイドビジネスの方に力を入れ過ぎているから、こっちの本業がおろそかになっているんだ。」などと思われてしまうかもしれませんし、同僚にはねたみ半分の気持ちを持たれるかもしれません、どっちにしろ会社に副業が知られて仕事がしづらくなるのは避けたいでしょう。

 

ですから注意していたはずなのに、なぜか会社に副業が疑われ始めているのは何故か。

 

ひょっとすると確定申告のせいとも考えられます。

 

その人の住民税の源泉徴収額が多いことに会社側が気がついたとすると、どうして多いのかを考えるかもしれません。

 

住民税の源泉徴収額が多くなるのは、本業以外の収入分の住民税が追加されるからです。

 

サラリーマンのほとんどは給与から天引きして納税する「特別徴収」という形式をとっています。

 

それに対して自分で納める方法を「普通徴収」といい、普通徴収ならば会社側にこの人は住民税をどのくらい払っているのかが分かりませんので知られる心配がないでしょう。

 

ではそれまでの「特別徴収」から「普通徴収」に変更するにはどうするればいいのかというと、確定申告の「住民税、事業税に関する事項」を探し、さらに「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」のところの「自分で納付」の普通徴収の欄にチェックを入れると、給与分の住民税と副業分の住民税を個別にすることができるので、会社に副業を疑われる心配がなくなるでしょう。

 

確定申告をする時には、税額や集計の計算ばかりが気になりがちですがこういう点のチェックも注意しましょう。

副業と確定申告関連エントリー


あなたも始められるサイドビジネス

Copyright (C) 2010 副業で今より収入を増やす方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

副業と確定申告